対人関係において第一印象は重要です。

面接には第一印象と最初の数分間が大切
面接には第一印象と最初の数分間が大切

面接には第一印象と最初の数分間が大切

対人関係において第一印象は重要です。これは就職や転職の面接でも同様で、最初の数分間で採否の大部分が決定してしまうとも言われています。そのため面接開始前から注意が必要で、面接室へはノックを数回してから入室します。「○○と申します。本日は宜しくお願いいたします。」と挨拶をして一礼し、勧められてから椅子に着席します。応募者が先に面接室に通されて待つ場合には、後から面接官が入室してきたときには必ず立って挨拶をします。この挨拶がないと減点材料となってしまいます。

勿論、服装や髪形、持ち物などの身だしなみ、姿勢や表情しぐさも印象を大きく左右します。本人はきちんとしているつもりでも猫背になっていたり普段の悪い癖が出てしまうこともあります。事前に模擬面接を受けてみたり、ビデオに撮ってみたりして確認しておくのもよいでしょう。本番で緊張せずに聞き取りやすい話し方が出来るように練習する人もいます。

面接で出される質問も、始めのうちは応募者の緊張感をほぐすために軽い内容を聞くこともありますが、いきなり本題に入ることもあります。この時も最初の方で志望動機や前職の退職理由など、採用側が大きなウエイトを置く質問が出されたりします。それに対して要点が分からない答え方をしたのではアピール力に欠け、以後の面接でのやり取りにも、採用者側の応募者への関心を惹きつけにくくなります。