第1次面接で採用担当者に与える第一印象を悪くしないようにする、これは就活生が肝に銘じておかなければいけないことです。

面接には第一印象と最初の数分間が大切
面接には第一印象と最初の数分間が大切

就活生が知っておきたいこと面接編

第1次面接で採用担当者に与える第一印象を悪くしないようにする、これは就活生が肝に銘じておかなければいけないことです。見た目ではなく、中身が大事と考える人も少なくないですが、その考えは捨てなければいけません。初対面の相手と会う場合、第一印象が悪いとその評価は後々までついてまわります。すぐに拭い去れるものではありません。面接のように、短い時間で採否が決定するような場では、第一印象の悪さは命取りになるでしょう。身だしなみはもちろん、態度や言葉遣いに配慮するなど、社会人になるための基本的な心構えを軽んじないようにすることです。

もちろん、身だしなみや言葉遣い、態度がきちんとしていれば100パーセント採用されると言うわけではありません。第一印象がどんなに良くても、マニュアル本に載っている例文を暗記して志望動機を答えては意味がないです。多少上手く話せなくても構いません。自分の言葉で回答する方が評価されます。志望動機や自己PRは、自分の言葉で考えましょう。また、面接を対決の場と考えて、気合を入れすぎてしまう人もいますが、対決の場ではなく対話をする場です。自分の正直な気持ちを伝えると言うことを心がけましょう。